モスバーガー バイト キッチン

モスバーガーのバイトが覚えるべきキッチンの業務内容

スポンサードリンク

モスバーガーのバイトの中でも、キッチンというポジションは覚えることが多く、大変ではありますがとても重要なポジションです。

 

モスバーガーのキッチンでは、ハンバーガーやサイドメニューの調理、洗い物が主な仕事になります。

 

キッチンの中でも役割分担がされていて、揚げ物担当の「フライヤー」ハンバーガーを作る「セッター」バンズやパティを焼く「グリドル」など様々な仕事があります。

 

その日の来客数によって、ひとつの役割に集中することもあれば、2〜3つの役割を兼任することもあります。

 

モスバーガーでバイトを始めてすぐにこのキッチンの仕事から覚えていくこともありますし、カウンター業務を覚えてからキッチンに入ることもあります。

 

これはお店の方針や、バイト経験の有無により異なります。

 

スポンサードリンク

 

モスバーガーのバイトはセッターができたら一人前

モスバーガーのバイトの中でも、花形のポジションといわれるのが「セッター」というハンバーガーをつくるポジション。

 

モスバーガーでバイトを始めて2〜6ヶ月ほどでこのセッターの仕事を教えられます。

 

他のポジションで用意された材料を全て合わせてハンバーガーにする仕事です。

 

セッターでは、材料のグラム数を覚える必要があり、作業の正確さ・綺麗さ・素早さが求められるためなかなか難しい仕事になりますが、やり方を覚えたらあとはいかにオーダーを早くこなしていくかの勝負です。

 

うまくできるようになったら、モスバーガーのバイトはとてもやりがいのある仕事です。

 

平日など、来客数が少ないときは他のポジションの仕事と兼任することもあります。

 

セッターができるようになれば、モスバーガーのバイトスタッフとして一流です。

 

スポンサードリンク