モスバーガー バイト フライヤー

モスバーガーのバイトが扱うフライヤーにはコツがある!

スポンサードリンク

モスバーガーのバイトの中にはフライヤーという役割があります。

 

これは、ポテトやオニオンリングなど揚げ物の商品をフライヤーの中に投げこんで揚げるという、とても大切な仕事です。

 

モスバーガーのバイトでのフライヤーのコツとしては、オーダー順に揚げていくのが間違いないのですが、昼間のピークは忙しすぎて数が把握できなくなる可能性があるので、まとめて一度に揚げるとよいでしょう。

 

また、それぞれの商品によって揚げる時間が違い、タイマーで時間を計るので、タイマーがなった順番に商品を油から上げてバーガーを作るセッターに渡しましょう。

 

モスバーガーのフライヤーのバイトは、バーガーを作っているセッターとの連携がとても大事なので、セッターがどの商品を作っているかを把握しながら揚げていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

モスバーガーのバイトがとれる休憩は労働基準法に基づいている

モスバーガーのバイトは必ず休憩があります。

 

これは労働基準法に基づいていて、5時間働いたら30分、6、7時間働いたら45分、8時間以上働いたら1時間の休憩が取れるということになっています。

 

たとえば11時からバイトをしたとしたら、休憩は早くても2時より後になることが多いので、とてもお腹がすきます。

 

モスバーガーのバイトは社員割引や賄いなどの特典がない店舗が多いので、10時ぐらいに軽食をとっておいた方がよいでしょう。

 

もちろんモスバーガーの店舗で商品を買って食べることができますが、自分で用意して食べる人が多いようです。

 

ほとんどの店舗では休憩時間の賄いがないのですが、店舗によっては、長い時間仕事に入るとバーガーやドリンクなどを休憩時間に食べることができるところもあるので、自分が働く店舗ではどのような特典があるのか最初に聞いておくとよいでしょう。

 

スポンサードリンク